メイン コンテンツにスキップ

鴨江アートセンター 制作場所提供事業

鴨江アートセンターの2階
小さな部屋を
無償で提供します

鴨江アートセンターでは、異なる環境に滞在することで新たな芸術表現を生み出そうとするアーティストやクリエイターの個人またはグループを支援する事業として「制作場所提供事業」を実施しています。

事業内容

概要鴨江アートセンター内の部屋を、一定期間、無償で貸し出します。
期間前期・後期、各4か月間を予定。
レジデンス202号室(20㎡)/203号室(21㎡)/204号室(21㎡)/205号室(21㎡)
使用時間帯9時~21時
採用人数1期間につき1~4組
その他制作費として一部屋につき2万円を補助します。鴨江アートセンターの審査員により、入居者の中から年間1組を選考し、鴨江アートセンターで2週間程度の企画展ができます。宿泊施設はありません。交通費、滞在費、食費補助はありません。

応募条件

選考方法

専門家で構成する審査員による協議で決定し、応募者に通知します。なお、選考についての問い合わせは受け付けていません。

審査員

今村有策氏(トーキョーワンダーサイト館長)、桧森隆一(鴨江アートセンター館長)

応募方法

申請書に必要事項を記入し、添付資料とともに提出してください。

添付資料

作品のポートフォリオ(A4サイズで形式は自由)
映像や音の作品の場合は15分以内に編集されたもの(DVD、CDなど)。

※提出書類の返却を希望する場合は必要金額分の切手と返却先住所を記載した返信用封筒を同封してください。