メイン コンテンツにスキップ

<おしらせ>定員に達したため、お申込み受付を終了しました。

テンペラは卵で作る絵具のことで、油絵具が確立される15世紀よりも前に使われていたものです。本ワークショップでは、テンペラと油彩を併用した混合技法でチューリップを描きます。卵を使った絵具作りから一緒に始めていきましょう。絵画初心者の方でも、ぜひご参加ください。

※ファシリテーターの菅澤薫さんは現在鴨江アートセンターのアーティスト・イン・レジデンスで制作をしています。参加者は当日にアトリエ見学もできます。

ファシリテータープロフィール 菅澤薫

一言では括れない複雑な感情やそこから派生する身体の感覚を、人と主にストッキング・浴槽を組み合わせて、テンペラと油彩の混合技法を用いて表現している。

<略歴>
1989年埼玉県生まれ。
2019年筑波大学大学院で博士号(芸術学)取得。
現在、浜松学院大学短期大学部(幼児教育科)専任講師。

<入選・受賞歴>
2015年 第2回CAF賞展 入選(3331 Arts Chiyoda/秋葉原)
2015年 第2回TERRADA ART AWARD入選(T-art gallery/天王洲アイル)
2016年 明日をひらく絵画 第34回上野の森美術館大賞展 優秀賞(彫刻の森美術館賞)(上野の森美術館/上野)
2017年 FACE展 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展 入選(’18)(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館/新宿)
2021年 第23回雪梁舎 フィレンツェ賞展 佳作(雪梁舎美術館/新潟、東京都美術館/上野)

<スカラシップ>
2015年 公益財団法人佐藤国際文化育英財団 平成27年度 第25期奨学生
2015年 第30回ホルべイン・スカラシップ 奨学生

<個展>
2018年 菅澤薫個展『想いの欠片』(アートもりもと/銀座)
2019年 菅澤薫個展『歪な巣』(コート・ギャラリー国立/国立)
2021年 菅澤薫個展『密やかな巣』(アートもりもと/銀座)
その他、グループ展多数

Facebook: https://www.facebook.com/kaoru.sugasawa

Twitter: https://twitter.com/runrun1114

Instagram: https://www.instagram.com/sugasawa.kaoru/

菅澤薫「あたたかな場所」F10、石膏地にアキーラ・テンペラ・油彩、2020
(肌の部分にテンペラ使用)
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催内容の変更、延期等の可能性があります。
  • 参加時の手のアルコール消毒、検温、マスクご持参の上の着用にご協力お願いいたします。
  • 参加時の写真が鴨江アートセンターのウェブサイトなどに掲載されることがあります。

イベント情報

開催日
開催時間 10:00~16:00(昼休憩あり)
会場 鴨江アートセンター
参加費 3,000円
定員 6名(先着順)
対象 中学生以上
持ち物 昼休憩がありますので、お弁当を持参してください。(昼休憩は1時間ありますので、外に食べに出かけられてもOKです)。 赤のボールペン。 汚れてもいい服装でお越しください。 画材一式は会場に準備してあります。
主催 浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)

プロフィール

イベント参加について

申し込み方法

受付終了

受付期間:11/1(火)9:00~定員に達し次第受付終了

お申込みにあたり必要事項をご連絡ください。メール、電話、窓口にて承ります。
・タイトル、日時
・参加者の氏名、よみがな
・電話番号
・学年(高校生以下の場合)
・開催を知ったきっかけ

浜松市鴨江アートセンター
浜松市中区鴨江町1番地 
窓口:9:00~21:30
TEL:053-458-5360 E-mail:k.a.c@kamoeartcenter.org