メイン コンテンツにスキップ

OPEN 2021年9月18日(土)~29日(水)※9/21、22はお休みです。

おいしいなにかと、たのしいなにか。parlor COTEFは人が集まりなにかが生まれる空間と時間をつくります。シェフ・イマイカズオの気まぐれごはんと、ドリンクやおやつの喫茶メニュー。おなかを満たして喉を潤して、のんびり過ごして話して、生まれる「なにか」を楽しみにしています。

「かえる」
変える、代える、帰る、還る、返る、換える、蛙…
なにもしなくても、同じようで「かわって」しまう、すべてから
「かえる」ことを自らできるように、ほんのちょっとの、
この手を、その手を、伸ばすことを一緒にできたらと思います。

「かえるけしき」(仮)
日替わりの音楽演奏やDJ、なにか。

ランチ:12:00~(ラストオーダー14:00)
喫茶:15:00~17:00
ディナー:17:00~(ラストオーダー18:30)クローズ19:00

メニューは当日にお知らせします。COTEFのSNSなどをチェックしてくださいね!

parlor COTEF(パーラーコテフ)
2005年、那覇市前島三丁目にあった元結婚式場のビル「TAKASAGO ビル」で沖縄県立芸術大学の学生が始めた[neutral space ‘cotef] に起源を持つ。「人が集まり話をする場所=パーラー」「夢と現実の境が曖昧になる、自他を分たぬ境地=胡蝶の夢」をコンセプトに飲食店形態を中心に、さまざまなアート企画を行っている。人、食、音楽、アートが集い、会話がはずむ空間づくりを得意とする。もと[neutral space ‘cotef] のメンバーで浜松在住のアーティスト津ヶ谷小百合と、シェフ今井一雄のユニットで、2013年から活動開始。市内で「PEG-possible experimental gathering-」「ゴールデン存在感」などの音楽イベントを中心に主催。現在は浜松市北区三ヶ日町でparlor COTEF店舗を準備中。

WEB SITE
http://parlorcotef.jp/sorrow/

インスタグラム:parlorcotef
https://www.instagram.com/parlorcotef/

Twitter:@parlor_COTEF
https://twitter.com/parlor_cotef

Facebook:@parlorcotef
https://www.facebook.com/parlorcotef/

  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催内容の変更、延期等の可能性があります。
  • 入場時の手のアルコール消毒、検温、マスクご持参の上の着用にご協力お願いいたします。
  • 会場内の写真が鴨江アートセンターのウェブサイトなどに掲載されることがあります。

KAMOE かえる DAYS内で開催します

イベント情報

開催日 -
開催時間 ランチ:12:00~(ラストオーダー14:00)/ 喫茶:15:00~17:00 / ディナー:17:00~(ラストオーダー18:30)クローズ19:00 ※9/21、22はお休みです。
会場 鴨江アートセンター
主催 浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)

プロフィール