メイン コンテンツにスキップ

石が絵具になることを知っていますか?鉱石と呼ばれる石をくだいてつくる絵具「岩絵具」は、日本では古くから絵巻物やびょうぶ絵などを描くのに使われてきました。今回は、鉱石のなかでも緑青色を帯びたくじゃく石から絵具をつくり、生きものを描きます。普段使っている絵具とは異なる、天然ならではの深みのある色を楽しみましょう。

  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催内容の変更、延期等の可能性があります。
  • 入場時の手のアルコール消毒、検温、マスクご持参の上の着用にご協力お願いいたします。
  • 会場内の写真が鴨江アートセンターのウェブサイトなどに掲載されることがあります。

イベント情報

開催日
開催時間 10:00〜12:00
会場 鴨江アートセンター
参加費 500円
定員 10名(先着順)
対象 小学生以上
主催 浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)

ファシリテーター

外海文武

1982 年に磐田市で生まれる。2006 年、金沢美術工芸大学日本画専攻卒業。現在、浜松学芸高等学校芸術科美術課程日本画専攻講師。幼児期の子どもたちに思いや希望を投影して、子ども時代に五感で感じた記憶を主題に日本画を描いている。

イベント参加について

申し込み方法

予約受付中(2020年10月10日〆切)

"日時、講座名を明記の上、氏名、ふりがな、電話番号、高校生までは学年・年齢、お申し込みのきっかけ"を添えて、Eメールまたは電話で浜松市鴨江アートセンターまでお申し込みください。