メイン コンテンツにスキップ

浜松市内文化施設等のスタッフ向け 多文化対応力向上講座2024

外国人の方にどうやって説明しようか、こまった!
日本語が通じないかも?というときにもわかりやすく伝えたい!
浜松市内文化施設スタッフ向け 多文化対応力向上講座2024

コミュニケーション方法を工夫して外国人のみなさんともっとスムーズに通じ合い、施設への多様な人たちのアクセシビリティをさらに高めませんか?
「外国語は話せないし不安を抱えたまま応対をしている…」というスタッフのみなさん、ひと工夫で日々の業務がスムーズになるだけでなく、文化施設が外国人市民の活躍の場となり新しいアイディアが生まれたり地域の活性化につながるなどの期待ができるかも?!
外国人市民のみなさんにもスタッフ自身にもやさしい、外国語を使わないコミュニケーションの方法や、日本語がわかりづらい人に寄り添った企画運営の工夫を、実例の紹介を交えて一緒に考え実装する講座です。

この講座は、市内の文化施設で窓口対応や企画運営を担当している現場スタッフの声から生まれました!

スケジュール

① セミナー8/30(金)14:15~17:15
② ワークショップ8/31(土)10:00~12:00
③ ランチ交流会8/31(土)12:30~13:30
④ 実践8/31(土)14:00~15:00
※2~4は通しでの参加をお勧め。

①セミナー

令和6年度浜松市地域活性化セミナー 文化施設×やさしい日本語×外国人住民 異分野連携で面白いことができる!

日時:8月30日(金) OPEN 13:45、START 14:15、CLOSE17:15
会場:クリエート浜松2Fホール
定員:80名(先着順)※席に余裕があれば当日参加も可。

<第一部>
ゲスト:林健次郎(愛知県芸術劇場 企画制作部 参事(広報))
愛知県芸術劇場で日本語がわかりづらくても楽しめる落語会として開催された「やさしい日本語落語」の取り組みについてお聞きします。事業の実施をきっかけに日々の施設運営や職員の意識にも好影響した「やさしい日本語」の事業での活用とは?

<第二部>
ゲスト:PAULO RICARDO パウロ・リカルド
浜松市を拠点に活躍するクリエイターのパウロ・リカルドさんを迎え、多岐にわたる創作活動と、市内の文化施設を利用しての作品発表の手ごたえについておうかがいします。HICE職員による浜松の外国人事情のお話もあります。

ゲストプロフィール

林健次郎(愛知県芸術劇場 企画制作部 参事(広報))

愛知県出身。米ロサンゼルス・バレー大学放送学部卒業(報道・映像)。 米カリフォルニア州立大学音楽学部卒業(作曲)。
1994年より扶桑文化会館、2003 年より春日井市民会館、14年より愛知県芸術劇場。
「やさしい日本語落語」公演の実施をきっかけに、公立ホール職員を対象に「伝わりやすい日本語」の事前研修を実施。
文化庁/全国公立文化施設協会の「劇場・音楽堂等への芸術文化活動支援」の支援員を務めるなど、
全国の自治体、劇場・音楽堂等で企画制作や広報、リスクマネジメントについての講演や職員研修を行う。

PAULO RICARDO パウロ・リカルド


1989年ブラジル生まれ、日本育ちのビューティーアーティスト。
小学校2年生で来日。中学校2年時に磐田市に転居。
卒業後、工場で働きながら美容の勉強を始め、ヒューマンアカデミー浜松校を卒業。
2014年、母国のブラジルでのWorld Cup世界大会にヘアメイクアーティストとして参加。
ヘアメイクアップのみならず衣装制作、撮影、ペーパーアートなど独自のインスピレーションと創造力で
クリエイターとして創作活動を続ける。

②ワークショップ 

はじめまして多文化共生 考えてみよう文化施設の“やさしい日本語”-入門編-

日時:8月31日(土) 10:00~12:00
会場:浜松市多文化共生センター(クリエート浜松4階)
定員:24名(先着順)
参加料:無料
持ち物:筆記用具

「やさしい日本語」を知っていますか?その名のとおり、むずかしい言葉や敬語を省きシンプルに言い換えた日本語です。日本語がわかりづらい方とのコミュニケーションをスムーズにする工夫のひとつとして、今すぐにでも業務やご自身の活動の中で使える「やさしい日本語」表現を具体的に考えてみましょう!翻訳アプリ、イラスト等の方法についても紹介します。

  • 貸室の利用方法の説明は、どういう言葉で表現したらわかりやすい?
  • 参加の申し込みがしやすいよう、どう書いたらいい?
  • 避難経路をやさしい日本語で表示するには?

③ランチ交流会

日時:8月31日(土) 12:30~13:30
会場:マタハリカフェ(インドネシア料理/JR浜松駅前/昼食代各自負担)

④実践 

やさしい日本語実践 展覧会の作品を観て話そう!

日時:8月31日(土)14:00~15:00
会場:浜松市鴨江アートセンター
対象:当講座参加者、日本語を習得中の方(日本語が少ししかわからなくても大丈夫)
定員:最大40名(先着順) ※大人数の場合はグループに分かれます。

日本語ネイティブの方も、日本語初心者の方も、一緒に展覧会の作品を観て「やさしい日本語」で自由に話してみましょう。作品をつくったアーティストと話したりアトリエを見せてもらったりできるかもしれません。お楽しみに!

8/31(土)のタイムスケジュール
10:00~12:00 ワークショップ
12:00~12:30 移動
12:30~13:30 ランチ交流
13:30~14:00 移動(浜松駅で外国人参加者をお迎え)
14:00~15:00 実践

お申込み

下記ボタンからGoogleフォームで申し込みください。受付期間は7/1~8/29です。

会場

公益財団法人浜松国際交流協会
TEL:053-458-2170(9:00~17:30)
E-mail:info@hi-hice.jp

クリエート浜松
TEL:053-453-5311(9:00~21:30)
E-mail:create@hcf.or.jp

浜松市鴨江アートセンター
TEL:053-458-5360(9:00~21:30)
E-mail:k.a.c@kamoeartcenter.org

イベント情報

開催日 -
開催時間 上記のとおり
参加費 無料(ランチ交流会の食事代は各自負担)
定員 上記のとおり
対象 浜松市内の文化施設等で働くスタッフ、テーマに関心がある方
主催 ①主催:浜松市(受託:公益財団法人浜松国際交流協会(HICE))/協力: 公益財団法人浜松市文化振興財団クリエート浜松、浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)②~④共催:公益財団法人浜松国際交流協会(HICE)/公益財団法人浜松市文化振興財団クリエート浜松/浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ) ④協力:HICE、Korekara Buddy
会場 クリエート浜松、浜松市多文化共生センター、浜松市鴨江アートセンター

プロフィール

イベント参加について

申し込み方法

予約受付中(2024年8月29日〆切)

上記参照