メイン コンテンツにスキップ

 つねに新しい映画演出に挑戦していた映画監督・木下惠介。その斬新な手法にオマージュを込めたワークショップです。『春の夢』、『楢山節考』で使用された演出を、工作をしながら体感します。


※テーマとなる作品は前後半で入れ替えます。

【前半】参考作品『春の夢』 
開催期間:9月18日(土)~10月2日(土)

【後半】参考作品『楢山節考』 
開催期間:10月3日(日)~10月17日(日)
(※10月4日(月)、10月5日(火)は休館日です。)


@松竹 1960

『春の夢』(1960年)
【演出:照明】

社長の大豪邸にやきいもを売りに来たおじいさんが、急に倒れて眠り続けてしまうところから始まるコメディ映画。おじいさんを巡り、色々な人が豪邸を訪ねてきて…。映し出される部屋のあちこちが、タイトルの「春の夢」を思わせるピンクのライトで照らされます。


@松竹 1985

『楢山節考』(1958年)
【演出:舞台】

「姥捨て」の風習が残る村での家族の物語を、オールセットで撮影した映画です。背景の空や山も絵で描かれ、場面の切り替えや演出に歌舞伎の様式が取り入れられた、まるで舞台を見ているような作品です。


木下惠介記念館(浜松市旧浜松銀行協会)

ホームページ
https://keisukemuseum.org/

※予約不要。会場へ直接お越しください。
※ハサミ等を使う場合があります。小さいお子様は保護者と一緒にどうぞ。
※会場は無人です。用意されている材料、道具をご自由にお使いください。


・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催内容の変更、延期等の可能性があります。
・入場時の手のアルコール消毒、検温、マスクご持参の上の着用にご協力お願いいたします。
・会場内の写真が鴨江アートセンター及び木下惠介記念館のウェブサイトなどに掲載される

KAMOE かえる DAYS内で開催します

イベント情報

開催日 -
開催時間 9:00〜20:00
会場 鴨江アートセンター 1階ロビー
参加費 無料
定員 なし
対象 どなたでも
持ち物 なし
主催 浜松市鴨江アートセンター・木下惠介記念館(浜松市旧浜松銀行協会)[指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ]

プロフィール