メイン コンテンツにスキップ

私たちは普段、身の回りの出来事を記録するためにスマートフォンなどを用いて写真を撮影します。現代に生きる私たちにとって写真はとても身近なものであると言えますが、その写真の技術はどのように発明されたのでしょうか。今回は「真を写す」写真ではなく、「photo-graph(光の記録)」としての写真のワークショップを開催します。写真家の大塚敬太さんを迎えて、ワークショップ会場の部屋を「カメラオブスクラ(暗い部屋)」に仕立てます。今日のカメラの起源となったカメラオブスクラを体験し、写真の誕生までさかのぼってみましょう。


・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催内容の変更、延期等の可能性があります。
・入場時の手のアルコール消毒、検温、マスクの着用にご協力お願いいたします。
・会場内の写真が鴨江アートセンターのウェブサイト等に掲載されることがあります。

イベント情報

開催日
開催時間 13:30~16:00
会場 鴨江アートセンター 2階 201
参加費 500円
定員 20名(先着順)
対象 中学生以上
持ち物 なし
主催 浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)

プロフィール

プロフィール画像

大塚敬太

1986年浜松市生まれ。武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。フォトグラファーとして活動をしながら、作品制作も継続中。2020年に東京から浜松にUターン移住。2021年より、東京工芸大

1986年浜松市生まれ。武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。フォトグラファーとして活動をしながら、作品制作も継続中。2020年に東京から浜松にUターン移住。2021年より、東京工芸大学芸術学部写真学科にて講師を務める。また、子ども向けの造形ワークショップを月1回開催している。
ウェブサイト:http://keitaotsuka.com

イベント参加について

申し込み方法

予約受付中(2023年3月5日〆切)

申込期間:2023年1月15日(日)9:00~定員に達するまで
お申込みにあたり必要事項をご連絡ください。メール、電話、窓口にて承ります。

・開催日時
・ワークショップ名
・参加者の氏名、よみがな
・電話番号
・学年(高校生以下の場合)
・開催を知ったきっかけ

浜松市鴨江アートセンター
静岡県浜松市中区鴨江町1番地
窓口:9:00~21:30
TEL:053-458-5360 E-mail:k.a.c@kamoeartcenter.org